12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

激戦フルーツ食べ放題

2011.01.10 (Mon)

101227_1918~01

一度は行ってみたいなぁと思っていた、千疋屋の「世界のフルーツ食べ放題

この催しは、各店舗で月に4回ほど行っていて、
前の月の初めに電話予約を受け付けるんですが…
激戦すぎて何回かけても全然繋がらないのです。
NTTの「大変混雑しております…」を何百回聞いたか(==)

そんな状況で元職場の方々と電話を掛け続けて半年ちょっと、
年末の多忙な時期に予約を取ることができました!!

今回を逃したら本当にしばらく行けなくなるなぁ…と思っていたので本当に良かった♪


まずはトップの写真。

テーブルには最初からフルーツサンドが置いてあります。

主食系は有名なマンゴーカレーとちょっとスパイシーなココナッツカレーがありまして。
マンゴーカレーは、千疋屋で看板メニューと言われる理由がよーくわかります!
フルーティーなのにコクがあって食べやすい…機会があれば絶対また食べたいです♪
ココナッツカレーは、辛いのが大好きな私でも辛い!っていうくらいスパイシー。
でも癖になっておかわりしちゃいましたけど…(==;)

フルーツはカウンターに並んでいる数十種類の中から好きなものが選べます♪
珍しいところだとドラゴンフルーツやマンゴスチン、
ランブータンやドリアンなんかも置いてありましたよ。
でもやっぱり普通のスイカやみかんが美味しい私は庶民ですね…。

フルーツの種類は季節によって変わるので、
夏に行ったらもっとバラエティに富んでいて楽しいかもしれません。

後、撮り忘れましたがフレッシュフルーツジュースも何種類かありまして、
メロンジュースやグレープフルーツジュースが特に人気でした~。

101227_2010~01

食べ放題開始から1時間ほど経つとオリジナルケーキが運ばれてきます。
ケーキは食べ放題じゃないのが残念なのですが、
スポンジのきめが細かくてふわっふわ&生クリームが軽くてこれまた絶品でした!!

すっごいわ、千疋屋(^□^●)

残念なのは最初テンションが上がりすぎまして…(汗
1時間経った頃にはお腹がいっぱいになってしまっていたので、
次回もし行く機会があればもう少し心に余裕を持って食べたいと思います。

食べ放題としてお値段はちょっと張りますが、
千疋屋のフルーツが食べられる!という事と食後の幸せ度を考えると
十分満足できると思いますので、是非機会があればいってみてください~!
スポンサーサイト
16:45  |  たべもの  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

明けましておめでとうございます

2011.01.04 (Tue)

DSCF2816.jpg

明けましておめでとうございます。

今日はもう4日、
みなさんお正月はどうお過ごしだったでしょうか(^^)

我が家はサンタさんが三が日まるまる休みだったので、
1日はだらだらテレビを見て、2日は初詣とサンタ家の集まりに出席し、
3日は新春セールへと繰り出しました!!

いや~。
今まで販売業やってたので気付かなかったのですが、
新春セールは想像以上に激混みでしたよ…(==)
むっちゃ疲れたけど、欲しかった物は何点かゲットできました!


さて。
トップの写真は2011年のぺれ家おせちです。

今年は手抜きで2段だ!と思ったのですが、
意外とこのお重が大容量だった為に急きょ何点かプラスしたので大変でした…。

今回は煮しめを素材ごとに煮て、醤油もあまり使わないようにしました。
(去年料理屋のおじさんにアドバイスを頂いたので)
でも、素材ごとに煮るって結構重労働です…料理人さんはやっぱりすごいわ(==)


過去を遡ってみると、
2010年は「こんな感じ」でした。

2009年
DSCF1411.jpg

2008年
P1020281.jpg


2007年
2007年☆お節


2006年
2006年☆お節


2005年
2005年☆お節

2006~2007年の一の重は何度見ても酷いなぁ…(==)


今年は彩りの面では大満足なので、
後は味をもっと頑張っていきたいと思います。はい。


細々と続いているときどきごはんとぺれですが、
今年もどうぞよろしくお願い致します。
14:56  |  ごはん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。